2013年夏の終わり

2013-09-10

 8月の終わりのある日。僕は後輩の建築家と八ヶ岳に向かっていた。友人の建築家 市川創太君の新作を見る為だ。
その別荘は八ヶ岳の別荘地の中に佇んでいた。全体の半分を地下に埋めている。
これは、室内に入ると目線がグランドレベルとなって飛び込んでくる。

1170803_529100537166404_1701978067_n

 ある点とある点の合理的な関係性をコンピュターによってシュミレートし、何億もの演算をし、その中から一つの正解を出す。COPPORA in SITE 彼が長年やってきた手法だ。
なにより、その手法ではなく、僕は彼のアウトプットが好きで。
それは、美しく楽しいからだ、この家には風が抜け、自然と一体になった理屈ではない快適性があるからだ。

 

 その足で一旦鎌倉に帰り、バタバタと仕度をして、夜9時近く、予定より2時間遅れて富士山に向かう。4時間前に通ってきた道だ。駐車場から入場規制の為タクシーで5合目富士宮登山道入り口に。
 富士山の登山道の中では一番短い・・ということは一番一揆に登るということだ、登山道入り口のガイドのおじさんにも2時間は休んでから登り始めるように!という忠告を背中にうけ、弾丸登山禁止の看板の前で記念撮影をして登り始める。丁度真夜中の12時だ。これが後での間違いのもとだ、7号目までは3時間、いいペースで登ってきたが、突然7.5合目(3200mあたり)から足が動かなくなる。心臓がバクバクしる。酸素をすってどうにか次の一歩を、8合目で友人二人(若者)に先に行っていいよ!と言い、一人でふっくり登り始める。3歩登ると心臓がバクバクする。酸素も吸い尽くし、一人でゆっくり登る、台風17号は九州に接近している。そこからの南西風がかなりきつい、ブローで風速20m、ダウン、ジャケットでも寒いくらいだ。8.5合目付近、突然、星も月も消え霧に包まれる。このまま山頂にいってもご来光は見えないな・・と一人ぼやく、なにより、3m先も見えないととても不安になる。心細くもあり、心も体力も萎え下山する。ところが15分も下っていくと東の空が明るくなってきた、少し急いで下る8合目鳥居付近は東に空が開けているのだ。
鳥居横の大きな岩の隅に丸くなってうずこもり、風を交わして一人空を見つ続ける。
空の色の変化は言葉では言い表せない。宇宙スケールの神様の仕業だ!!
そして、ついに東の雲から太陽が昇ってきた。暖かい!!
思わず叫ぶ「わぉーーーお!」

とても、とても、忘れることの出来ない。夏の終わりの32時間。

1236739_529363267140131_1026594703_n

9897_529376550472136_61950355_n

トップ

Copyright© 2011 横浜東京ガレージハウス住宅設計の松永基|有限会社エムズワークス All Rights Reserved.